Liberal Cat

ページ

275760年9月12日金曜日

メニュー

お知らせ
2013/07/01: ブログのメンテナンスが完了したので通常通りの運営に戻ります。

カテゴリ
+-PCゲーム (PCゲーム関連)
+-Real Life (Real Life関連)
+-Second Life (Second Life関連)
+-お知らせ
+-ものづくり
+-アルバム
+-雑記
+-音楽

倉庫
+-Cat's Pad (2013/04/01から2013/06/23まで運営していた別ブログの記事)
+-Night Blue (2011/07/11から2012/01/05まで運営していた別ブログの記事)

*リンクについて
私は誰でもアクセス可能なページは自由にリンクして良いと考えています。
それなのでアクセス制限などが無いページに関しては自由にリンクしてください。
これについては私がリンクする場合についても同じ考えてやっていると思ってください。
相互リンクをしたい方はこの記事にその旨をコメントしてください。
内容によってはお断りする場合もありますが大概は問題無いと思います。

2017年3月18日土曜日

次の段階へ

昨晩9年以上付き合いのある友人から、面白い技術について教えて貰った。私達は共に新しい技術を用いて、人々の役に立ちたいという思いでいる仲間だ。私たちは長らくここ9年の間歯がゆい思いでいた。時代がまだまだ私達のイメージやアイディアに追いついていなかったからだ。要は制約でやりたいことができない状態だった。それが一気に変わろうとしている時に今はいることがわかった。

これからの10年はこれを主題にして進めて行くことになりそうだ。最初の10年弱はPCゲームを通して見ていた。その次の10年はメタバースを主題にして見ていた。次はもっと私達の身近なところから進められる。まあ、でもメタバースは最終解に近いものだと思っているので、そこに至る過程のプロセスが今始まろうとしている感じだ。

これは様々な要素がある一定のところに到達しないとできない。それが漸く少し動き始めたと認識できるようになってきた。きっと更に10年後にはもっとできるようになっている。それまでに私たちは段階を踏んで道筋を、今の技術でできることで作っておかないとならない。

人は何をやって良いのか見えない時が一番辛いものだ。道筋が見えてくれば頑張れる人の方が圧倒的に多いだろう。今、私はやることが大枠で見え始めている。きっとそう遠くない内に何かしらの結果を残せそうだ。とりあえずはここ2~3年が勝負かなと思う。頑張ろうと思う。

漸く次が始まろうとしているのだろう。むしろ今までの10年は漠然としている部分が多く、思ったようには力を発揮できなかった。イメージが見えてくれば段々と自分のやれることへ力を発揮できるだろう。コツコツ進めて行こう。

2017年3月10日金曜日

腹部CT

今日は腹部のCT検査をやって来た。やや怪しい結果が出たようで、次回は腹部のエコーと血液検査をすることになった。でも怪しいと言っても確率は相当低いもののようだ。ただ感染症によって起きることもあるとは言っていた。

正直、あの病院に通うのは場所が悪いので面倒だ。仮に悪い何かが見つかったとしたら、今後ずっとあの場所に通うことになるわけだ。症状が改善するまではきっとそうなる。どちらの駅から下りても片道で1~1.2kmほど歩かないとならない。往復だと結構面倒なのである。特に今みたいな冬の雪道だとそうだ。

どちらにしても春先からは、散歩や運動メニューを新しく組もう。1日に1~2時間くらいはそういうのに使わないと駄目かもしれない。年齢的にも壮年期の後半に入っている。もう放っておいて元気にいられる年齢では無いのだろう。筋トレは結構やっていたが効果はあまり無かった。多分散歩かランニングみたいなのが効果あるのかな。体力的な向上も含めるときっとそうなりそうだ。散歩などの場合の懸念は、この街の道は特に冬には狭くなって視界も悪くなるので、交通事故のリスクが極端に上がってしまうことかな。Google Earth VRとランニングマシーンを組み合わせたような、そういう素晴らしいものでトレーニングできたら良いな。

人生の先輩に言わせると、前半の40年と後半の40年は全然違うらしい。後半の40年は同じ年月であっても、身体的な衰えが枷になってしまうということだった。老いはそういう意味では残酷なものだ。まあ、きちんと体調管理や健康管理をすれば、活動できる期間を増やせるかもしれない。

2017年3月9日木曜日

不調と難題

再び首の周辺のリンパが腫れる不調がおきた。昨年の後半からこういう感染症による不調が多い。根本原因を調べるために内科で検査もしているが、今のところ全く異常は見当たらない。それが怖い。

昨日皮膚科で見てもらったが、病名とかは無いようだ。ただ抗生剤を出されて治らなかったらまた来てくださいと言われた。抗生剤で治っても2~4週で再発するのだから、そういう問題じゃないのだけどと思った。でも繰り返すことを訴えても何かの答えはくれない。

ここ2日くらいは病院以外は行動もままならず。熱はそれほど出ないのだが、身体症状が風邪の酷いのと似ている。布団に入っていても寒いような悪寒。軽い吐き気と目眩。筋肉や腱がだるくて力が入らず。耳鳴りがなる。首から後頭部にかけて化膿したような痛み。多分今日も何もできないだろう。

今週から歯医者に通っているが、今日も予定では行くつもりであった。でも調子が悪いので難しいだろう。まあ、仕方ない。明日は内科の検査の続きもあるから、無理をして悪化させたくない。

それ以外でも色々と問題が多くて、心身共に限界に達しつつある。この時期を乗り越えるまでは仕方ない。きっと桜が咲く頃には少しは落ち着いているだろう。

2017年3月6日月曜日

新しい仕事が一段落

仕事が一段落ついた。次はクライアント側の作業になるので、それによっては必要な変更や修正が出てくる。明日以降はその作業をやることになるけど、恐らく3月上旬には大体終わるのではないだろうか。ただ他の部分も別途依頼したいとも言ってきているので、そうなるとまた結構な日数の作業が始まる。

アドバイスとヘルプをしてくれていた友人が、今回作ったのを一から構築して見ればと言っていた。少し辛いが復習には良いやり方だ。理解を深めないと頭から抜けて行く可能性があるので、合間の時間にそれを入れて行こうと思う。ある程度学習したらこっちの仕事はもっとやりたい。

今回作業していて意外だったのは、歳と共に心身が疲れやすくなっていたと思っていたが、意外と終盤は没頭して作業できたことだ。新しいことを覚えながらだから、もっと疲労でできないかなと思っていたが、徹夜と仮眠での作業も予想以上にできた。まだ意外と戦えるんだなと分かったのは良かった。

良くなかったのは、新しいことなので取っ掛かりが掴めないわからないとなると、一気にビジー状態というかコンフューズ状態というか、無駄に時間だけが過ぎていくことが多かったことだ。ここは自分の弱点だと再認識した。改善策は今のところ思いつかない。きっとスタートダッシュが遅いけど加速するタイプなのかもしれない。

作るのは相変わらず辛いことが多い。でもやり甲斐を感じるので楽しくもある。最後の一週間くらいは充実していた。元々こういうのに向いているんだろうと思う。SLでもプロジェクトで活動していた時は辛かった。でも楽しくもあった。だから長期間長時間の作業でもできたのだと思う。

今年でSecond Lifeを開始して丸10年になる。次のプロジェクトに向かって新しく動く時期が来ていると感じる。ブログもそれに合わせて変更しようかと考えているが、必要な情報の蓄積をする場所にもしたい。まだ未定だけど、時間ができたらそこも少し考えてみようと思う。

さて明日以降の作業と学習に備えよう。

2017年2月25日土曜日

仕事でアイコン作成

仕事で詰まっていて大変。知識が足りないので覚えながらやっているのだけど、まだまだ不足している感じがある。複雑な応用になるとわからなくなるというか。後は経験値が足りないのもあるのだろうなぁ。コツコツ毎日進めているが時間がかかる。

ただ今回の仕事では絵のスキルが役立つ機会があって、簡単なアイコンを幾つか手描きして作成した。2015年の5月末くらいから1年半以上、殆ど休まず日々絵の練習をしてきたことが役立って嬉しい。クライアントの人に途中経過を見せたら、アイコンのことを褒めてくれた。でも絵自体はまだまだ描けるというレベルでは無いのだけどね。商用でとなるとあくまでシンプルなものに限定される。まあ、元々10年はやらないと駄目だと思っているから、今の段階でも仕事に役立つことができたのが良かった。

今の仕事が終わったら、今回使った知識や技術の理解を深めてみたいなと思っている。どこまでできるかはわからないけど、昨年から使う機会が増えている。この先もそうなるかもしれない。年の半分くらいまでは注力しようかなと思う。その分、絵の練習は最低量になってしまうかもしれないけど、そこは仕方ない。

こういう新しいこと覚える仕事をやると、段々夜型になってしまう。元々夜型だとは思うけど、作業していたら朝方になっていたという日が増える。昼間はどうも集中力が低い感じもあって、深夜になると頭が元気になるんだよなぁ。そこから集中力が上がる。0~4時くらいが一番捗る。そうなると4~5時に寝てしまうので寝不足になる。理想的な生活は難しい。0時までに寝て7時頃に起きる。そういう毎日を送りたいと思っているのだが、0時頃には頭の回転が早くなり布団に入っても眠れなかったりする。何かをやっている時は特にそれが顕著で、気になるのか寝付けなくなる。睡眠の研究が進んで、好きな時に直ぐ眠れるようになって欲しいね。

2017年2月20日月曜日

暗路と光明

本当に入門的な知識しか無い状態で、今の仕事の作業をやっているのだけど、友人の協力もあって何とかやれそうだ。むしろ友人がいなくてはできなかったと思う。この友人は優秀なプログラマーで、私は彼はIQも高いと思っている。9年以上の付き合いがあってそう思うようになっている。

友人はSkypeの画面共有で実際に設計と構築するところを見せてくれている。知らなかったことや考え方、新鮮な様々なことが目の前に次から次へと登場する。そして3時間くらいも実演してくれた。優秀なプログラマーが自分のやり方を一つずつ教えてくれるわけだから、このような機会はそうありえない。ある種の感動があった。

ただこれを見ているだけでは駄目なんだ。私の頭は残念ながら凡人だ。多くの新しいことを見ただけでは取り込むことはできない。恐らく今回の作業の後もこれの復習をしながら学習を続けないと、また中途半端なところで知識が留まってしまう。中には忘れるものも出てきてしまう。

理想としては指導と実演の過程を動画にして、何回も見ながら真似ることだろう。学習が終わった後に、そんなことをふと思った。一度きりでは勿体無い内容だと。現場でずっと働き続けている人のノウハウなんだ。ネットで動画やサイトを見ても得られない。本を読んでも得られないものなんだ。学習したい人達の多くが欲しているものなんだ。

人はそれぞれ能力がある。得意不得意もある。多くはその人の人格と脳力の問題だ。私はとりわけて何かの能力がある人間では無い。平均よりも劣るものが多いだろう。でもきっとそんな私にも一部には平均よりも優れたものもあるのかもしれない。今回の友人の能力の高さ。早いスピード感。合理的。効率的。でも私みたいな人間に、ゆっくりと忍耐強く付き合ってくれている。とてもありがたいことだ。

この知識は私にとってメインのものでは無い。ライフワーク的なものではない。ただ仕事として重要なんだ。そしてこの知識を覚えることで、絵の時もそうだったように何かに応用できる機会がありそうだとも感じている。友人はそれを理解してくれている。だからこそ頑張りたいと思う。道が見えれば多くの人々は頑張れるものだ。見えないので戸惑ってしまうだけなのだ。それが凡人の悲しいところでもある。

年内にどうするか。また予定を組み替える必要がありそうだ。人生の歩みはその都度臨機応変に変更を迫られるものだ。特に光明が与えられた場合は、それを受け入れて予定を組み直すことは重要なんだと思う。絵も3DCGもやりながら、こっち方面も知識を付けて行きたいな。本当は英語も覚えたいのだけどね。やりたいことをどう絞り込むかだなぁ。