Liberal Cat

ページ

275760年9月12日金曜日

メニュー

お知らせ
2013/07/01: ブログのメンテナンスが完了したので通常通りの運営に戻ります。

カテゴリ
+-PCゲーム (PCゲーム関連)
+-Real Life (Real Life関連)
+-Second Life (Second Life関連)
+-お知らせ
+-ものづくり
+-アルバム
+-雑記
+-音楽

倉庫
+-Cat's Pad (2013/04/01から2013/06/23まで運営していた別ブログの記事)
+-Night Blue (2011/07/11から2012/01/05まで運営していた別ブログの記事)

*リンクについて
私は誰でもアクセス可能なページは自由にリンクして良いと考えています。
それなのでアクセス制限などが無いページに関しては自由にリンクしてください。
これについては私がリンクする場合についても同じ考えてやっていると思ってください。
相互リンクをしたい方はこの記事にその旨をコメントしてください。
内容によってはお断りする場合もありますが大概は問題無いと思います。

2017年1月18日水曜日

体調の不調

一週間くらい前から体調が酷く悪い。昨年来半年以上続く何か感染症にかかる不調の再発。これ一度全身検査しないとならないかも。何せ一度起きると暫くは何もできないくらい酷くなる。今回は両耳と首と顎のラインで感染したようなのだけど、同時に全身に発疹が出て痒くてやばかった。抗生剤が効いて腫れが減り、治ってきたところがガサガサになってきている。

昨年の5月末以来、何か不調なんだよね。薬で治しても1ヶ月程度で再発を繰り返す感じというか。それなので今回治っても油断がならない。検査して根本原因を探さないと活動すら覚束ない。面倒だけど検査するか。総合病院の皮膚科の医者とかはあたりが悪いのか、どうにも言ってもその時の症状をどうにかするのでやっと。再発を繰り返すというのが、よくわからないようだ。

年末に悪化した精神の不調は、ここのところやや安定している。ただこれも繰り返すので、大きな負荷がかかるとどうなるかわからない。自分でも厄介な心身をもったなと思っている。生まれついてのものは大きく影響するね。ただこれも宿命というやつだから、これを受け入れた上で歩んで行くしか無い。

2017年1月7日土曜日

悪霊と闘う夢?

今日は夢のお話。

私は家の2階にある部屋で布団に入り眠っている。*1
壁際に寝ている私の髪の毛を壁から出てきた手が引っ張る。
よく見ると白い壁には男の顔のような汚れか何かがあり、そこから腕は伸びていた。
私はその腕に抵抗するのだが、思ったように体が動かない。*2
抵抗をする内に腕は私の髪の毛から離されて、私は階下にいる家族たちにこのことを話しに行く。
階段には何故か物が沢山置かれていて、その中には白いビニール袋の中に釘が一杯入ったものが2袋置かれており、移動の時に危ないなぁと思いながら進んだ。
階下には母と末の弟がいて、3人で問題の部屋へと行く。
母と末の弟に何があったか説明しようとしたら、私の布団の頭側には箪笥か何か茶系の木の物体があり白い壁は無く、寝ていたと思われる痕跡の場所には壁に焼香台のようなものが斜めに打ち付けられていた。
そしてその焼香台のようなものには、あの男の顔のような模様が描かれており、その上には仏壇のようなものがあった。
そこで私の目が覚めた。

*1この家は夢の中では自宅だと思っているようだが、実際に私が暮らしたことがあるどの家とも違う。そして現実の私はベッドで寝ているが、夢では床に敷かれた布団に寝ている。

*2夢の中では体が思うように動かないというのはよくある。これは脳が夢を見ることで何らかの行動をとろうとするのだろうが、実際にはまだ眠っていて体が動けないことで、そのもどかしさが表現として出ているのだと思う。

2017年1月6日金曜日

新年から雑記

あけましておめでとう。2017年になったので何か抱負でもと思ったけど、気分がダウン傾向にあるのでどうにも良い考えがあまり浮かばない。不安やマイナスな考えが主になりやすい。そういうわけで抱負みたいなのはまた別の時に考えようと思う。今月はこの沈んだ状態が過ぎるまでは休みたい。

不安な気持ちとしては、進む道も退く道も無いような感覚。行く場所も帰る場所も無いような不安感と言ったらいいだろうか。例えるとこれが一番表現として合っていると思う。多分自分の現実での立ち位置に不安があるんだろうな。これを解決というのは難しい。自分の状況からはそう思う。

新年から雪の夢をよく見る。雪崩や雪道など、もう何回も雪が印象的な夢を見た。まあ、地元が雪だらけなので、この時期なら別段不思議なことでもないのだろうけどね。ただ真っ白い雪が積もっていて、それが毎回どの夢でも印象的なんだ。だから記憶に残っている。

ここ最近はゲームと創作をどうしたら良いのか考えることが増えた。一緒にゲームを遊ぶ人達がいるのは理想的だ。そして創作もモチベーションを保つ仲間がいるのが理想的だ。根本にあるのは仲間というものだね。ゲームについては一緒に遊んでくれる人はいる。でも創作はそうじゃない。一人でコツコツ進めるには結構不安がある。どうなるのか見通しが立たない。先生がいない。自力で全てをやるのは不安なものだ。まあ、モチベーションの維持が一番大きな影響だろうけれど。一人神山に篭って仙人の修行をやるような、そういう強さを持ってはいないからだなぁ。感想やアドバイスが欲しいみたいなのだね。もっと単純にだと同種のことで切磋琢磨する仲間というか。まあ、そういうものを作るのは大変なのは、今までの人生経験でよく知っている。だから理想にすぎないけどさ。

新年初投稿から何かただの雑記になってしまった。今の頭の状態ではまとまりがつかないから仕方ない。ダウン傾向にある時は思考が上手く働かない。落ち着いてきたら、色々なことをまたまとめたいな。

2016年12月30日金曜日

気分の問題

本物の気分障害みたいな病気とは違うのかもしれないが、バイオリズムのグラフのような感じで、年に10回未満だと思うが気分の変調がある。活発に活動をしたくなる時と、落ち込んで何もかもが嫌になる時の両極端が交互にやって来る。元々自分に起きている幾つかの大きな出来事が、自分にとっては重すぎるというのもあるのかもしれない。しかし、このようなものは脳内物質の影響も大いに関係しているらしい。

また昨日辺りから落ち込み傾向になりつつある。暫くそれを耐えたら大体は上向く。きっと半月くらいで上向くかもしれない。これは自分にマイナスな出来事が起きているからとは限らずに、単純にこのサイクルに入ると他者や世の中を眺めた時の、個人的に悲しみや憤りみたいなのを感じた時にも悪化する。

長年悩んできたが、最近になって漸く他人に少し話せるようになった。このような問題があると人は遠ざかることが多い。面倒とか厄介とか感じるからなのかもしれない。しかし、基本、私は相当な内向きな人間なので、外の人に出すことは稀である。大体は一人落ち込みただ耐える。幸いなことにこのような時期は、防衛機制が働くのか睡魔が異常に強くなるので、暇があれば寝る時間を増やすことで回避できる。睡眠中も辛いことを思い浮かべたりは多少記憶にはあるが、起きている時のそれとは比較にはならないので、これが大きな救いとなっている。

ここ最近になって気がついたが、一部の漢方などの薬剤を摂取すると、その気分の不調が改善される傾向がある。しかし、常用するにはよろしくないので、まだ多くを試してみたわけではない。ただ飲むと落ち込む気持ちがやや晴れる感じがあるのだ。そう考えるとやはり脳内物質の影響が大きいのかなとも思う。何かを補うとおさまるような感じだ。

正直四半世紀くらいはこれに悩まされているので、その間に毎年起きる面倒な不調状態とおさらばできる方法が見つかるのなら、それは私の人生にとっての一つの光明になるだろう。しかし、まだまだ私は問題を抱えているので、幾つも乗り越えないとならない。まあ、これは宿命みたいなものだ。その人が耐えられる限界値を、それぞれの人に与えられるものなのかもと思うことがある。

2016年12月25日日曜日

メリークリスマス!(2016)

今年も例年通りのホワイトクリスマスでした。来年のクリスマスはどんなだろう。でも一番楽しみなイベントなのでワクワクは続きます。

ここ最近幾つか思うことがあって、時間があったら年末までには書きたいと思っています。ある種の現時点での自分の整理です。

本当に無欲であったなら、自分の置かれている状況に不安も不満も無いはずです。でもそれがあるのなら、根本の何かが違っているということ。最近そんな気がしてきています。何もかも許容して受け入れて、欲を出さなければきっと良いのでしょう。ただそこにきちんと到れるかは、意外とはわからないものなのです。これについてももっと整理が必要かなと思います。

- 何を探し求めてきたのか
- 真に無欲であることとは
- 自分と他人

大きくはこんな感じでの考えの整理です。この2年くらいで特に強く感じたことです。

問題は意外とやることが詰まっていて。投降をきちんとやれるだけの余裕が無いことですね。これから31日の終わりまできっと忙しい。本当は幾つか解決したいこともあったけど、それは今年は無理かもしれません。自分の力だけでは無理なこともありますからね。

もしサンタクロースが来たのなら、何かの無形のプレゼントがあったら良いですね。私の思考の整理や心の支えになるヒントがあれば、それはとても良いプレゼントになるでしょう。

皆さんにも何か良いプレゼントが届くと良いですね。

2016年12月12日月曜日

好きや楽しいは必須なのであろうか

とあるイラストレーターの人の実況をたまに見ている。有名な人では無いが、絵で食べているだけのことはあって、描く正確さが高くスピードも凄く早い。練習で5~6時間ほどを普通に描く。その時間に20~30枚くらいのモノクロ画を描く。20~30体くらいという感じである。

技術的な高さも興味をひいたが、個人的に最も気になるのは集中力の部分。いや、絵を描くのが楽しそうとか好きみたいな部分かな。私は絵を描くのはそこまで好きじゃない。自分の思い通りにできないのも影響していると思う。何回も何回も失敗して描き直すというある種の苦行。時間もかなりかかる。好きでも無い教科を勉強している感覚に近いかもしれない。それでも目的があるから続けている。上達も少しずつはしている。

好きという感覚が無いと大幅な上達は望めないのか、それとも日々続けることでいつかは上達するのか。私が絵を描く上で現在最も気になっていることである。私は描くのが辛いと感じることが多いからだ。楽しくやれないと、あのイラストレーターのようにはなれないのだろうか。

私が最終的に目指しているのは、絵描きでも漫画家でも無い。絵はデザインをする上で最低限必要なスキルと感じたからやっている。しかし、最低限とは言っても、普通にイラストを描けるくらいのクオリティは目指したい。例えばビルをイメージしたとする。それを建築系のイラストを描く人とと同じくらいのクオリティで描きたいわけだ。クオリティとしてはそのくらいを目指している。別段それを職業にするとかそういう気持ちでは無く、自分がそれくらいできないと納得できないからというのが理由。

楽しくないと伸びないのかどうかは、老人になった頃にはきっとわかることだろう。まだ四半世紀以上はあるけれど、ふと20年を振り返るとあっという間だ。頑張らないときっと何も進まないだろう。私が目指すのは自分のデザインを表現することで、それができれば私は満足になれるんだと思う。伸びるか伸びないかは全くわからないが、他にやりたいことも無い。やりたい気持ちがあるのは、一応好きな範疇に入るんだろうか。

少しずつでも練習結果を積み上げよう。絵も3Dも。