Liberal Cat

ページ

275760年9月12日金曜日

メニュー

お知らせ
2013/07/01: ブログのメンテナンスが完了したので通常通りの運営に戻ります。

カテゴリ
+-PCゲーム (PCゲーム関連)
+-Real Life (Real Life関連)
+-Second Life (Second Life関連)
+-お知らせ
+-ものづくり
+-アルバム
+-雑記
+-音楽

倉庫
+-Cat's Pad (2013/04/01から2013/06/23まで運営していた別ブログの記事)
+-Night Blue (2011/07/11から2012/01/05まで運営していた別ブログの記事)

*リンクについて
私は誰でもアクセス可能なページは自由にリンクして良いと考えています。
それなのでアクセス制限などが無いページに関しては自由にリンクしてください。
これについては私がリンクする場合についても同じ考えてやっていると思ってください。
相互リンクをしたい方はこの記事にその旨をコメントしてください。
内容によってはお断りする場合もありますが大概は問題無いと思います。

2017年2月20日月曜日

暗路と光明

本当に入門的な知識しか無い状態で、今の仕事の作業をやっているのだけど、友人の協力もあって何とかやれそうだ。むしろ友人がいなくてはできなかったと思う。この友人は優秀なプログラマーで、私は彼はIQも高いと思っている。9年以上の付き合いがあってそう思うようになっている。

友人はSkypeの画面共有で実際に設計と構築するところを見せてくれている。知らなかったことや考え方、新鮮な様々なことが目の前に次から次へと登場する。そして3時間くらいも実演してくれた。優秀なプログラマーが自分のやり方を一つずつ教えてくれるわけだから、このような機会はそうありえない。ある種の感動があった。

ただこれを見ているだけでは駄目なんだ。私の頭は残念ながら凡人だ。多くの新しいことを見ただけでは取り込むことはできない。恐らく今回の作業の後もこれの復習をしながら学習を続けないと、また中途半端なところで知識が留まってしまう。中には忘れるものも出てきてしまう。

理想としては指導と実演の過程を動画にして、何回も見ながら真似ることだろう。学習が終わった後に、そんなことをふと思った。一度きりでは勿体無い内容だと。現場でずっと働き続けている人のノウハウなんだ。ネットで動画やサイトを見ても得られない。本を読んでも得られないものなんだ。学習したい人達の多くが欲しているものなんだ。

人はそれぞれ能力がある。得意不得意もある。多くはその人の人格と脳力の問題だ。私はとりわけて何かの能力がある人間では無い。平均よりも劣るものが多いだろう。でもきっとそんな私にも一部には平均よりも優れたものもあるのかもしれない。今回の友人の能力の高さ。早いスピード感。合理的。効率的。でも私みたいな人間に、ゆっくりと忍耐強く付き合ってくれている。とてもありがたいことだ。

この知識は私にとってメインのものでは無い。ライフワーク的なものではない。ただ仕事として重要なんだ。そしてこの知識を覚えることで、絵の時もそうだったように何かに応用できる機会がありそうだとも感じている。友人はそれを理解してくれている。だからこそ頑張りたいと思う。道が見えれば多くの人々は頑張れるものだ。見えないので戸惑ってしまうだけなのだ。それが凡人の悲しいところでもある。

年内にどうするか。また予定を組み替える必要がありそうだ。人生の歩みはその都度臨機応変に変更を迫られるものだ。特に光明が与えられた場合は、それを受け入れて予定を組み直すことは重要なんだと思う。絵も3DCGもやりながら、こっち方面も知識を付けて行きたいな。本当は英語も覚えたいのだけどね。やりたいことをどう絞り込むかだなぁ。

2017年2月18日土曜日

エコー検査

血液検査も甲状腺エコーも大きな問題は無い感じだった。ただ体調における謎の不調は残るので、次回は腹部のCTをやるらしい。それで見つからないと内科的にはわからないということのようだ。不調自体は治っていないので、次はどこで調べるかを考えないとならない。

後頭部が痛いのは、血流とリンパの流れの悪さが影響しているような感じがある。他人に押して貰ってわかったが、痛いのは首のうなじの辺りから後頭部にかけての範囲で、肩や首の付根の方は関係無さそうな感じだった。触ると結構冷たい。一週間くらいは痛いのだが、治る気配が無く悪化している感じがある。起きるときの不快さが増しているのと、やや範囲が広がっている感じがするのだ。後はここ2日くらいは鳩尾の辺りも少し気持ち悪いので、その影響も出ているのかもしれない。

全身におきる炎症と発疹は原因不明のままなので、こちらは今の内科で無理ならまた別の場所で調べることになると思う。正直、原因が不明というのは困る。強い内服の薬を使い続けるわけにもいかないので、いつかはリミットが来てしまう。そうなると活動に大きな支障が出てしまいそうだ。

病気に関しては今のところこんな感じかな。まあ、年齢がもう若者じゃないから、種々様々な不調が起きやすくはなっているのだろう。

2017年2月17日金曜日

怪異な夢

昨日、短時間の仮眠中に見た夢。

暗い部屋の中、私はベッドにて眠りについていた。この家はどうやら以前暮らしていた家のようだ。スマホの着信音が室内に鳴り響き目が覚める。起き上がり机?の上にあるスマホへと向かう。眠い眼でスマホを覗き込むと、室内の青暗い色の影響もあってか、ぼんやりと光るスマホの画面だけしか見えない。曖昧な音の中に母の声が有り、どうやら何か呼んでいるようだった。階下に行くよと言って、スマホを切ると周辺の景色が何かおかしい。暗い中にある周囲の物体が縦方向に伸びているか、または持ち上がっているような感じだった。私は慌てて階下の家族の元へと行く。

不可思議な出来事が起きたことを話して、家族たちを自室へ連れて行こうとするが、部屋の入口に来ると誰も来ていない。室内はさっきよりも荒れていて、我が家で飼っていた猫達が数匹恐れている。窓から吹き込む強い風と、それで大きくなびくカーテン。2匹の猫は隣の部屋へと逃げ込んだ。ちなみに現実のこの家にはこの部屋は無かった。最後に一緒に暮らしていた黒猫が私の腕の中に飛び込む。私は家族を探しに階下へと再びおりた。

居間の大窓から外を眺めると、そこに母と弟二人がいた。何かやっているようだ。それが何なのかはわからない。外に出ていくと、斜め向かいの家の辺りで3人で何かをやっていた。ちなみにこの斜め向かいの家は、現実の家のときとは大分違うデザインで、何倍か大きくなっていた。ここで目が覚めた。

*この家は十数年前まで暮らしていた家。登場する猫達はもう亡くなっている。

怖さはややあったが、家族やペットたちが登場するのでそれほどでもなかった。ただ驚きがあった。怪異の内容は大きく2つに分けられる。最初は室内にある物体が浮いているか伸びているような状態。次は室内が荒れて強風が入り込み、ややポルターガイスト的な現象のような状態。不可思議さで言えば、家族の行動の意味がわからないことが一番だったかな。まぁ、夢だから意味不明なんてことはよくあるのだけれど。

2017年2月14日火曜日

仕事と時間

今やっている仕事が結構難関。知識としては基礎的なものはあるのだけど、間が空いていたのでまずは基礎を思い出すところからのスタート。そろそろ基礎は終わるので、次は頭を使って応用して行く場面に入るのだけど、ここからどうなるか未知数。でも仕事だから頑張らないとならない。幸い知識のある友人のサポートがある。でも不安は多い。

2月一杯はこの作業を続ける必要がある。合間に例の体調不良の検査のために何回か病院に通うことになるだろう。悪い結果で気落ちとかにならないと良いのだけどね。仕事にも影響しちゃったら、それこそ迷惑をかけてしまう。まあ、そうならないように精神は強く持って行くつもりだけれど。

来月も結構病院あるし、多分今の検査も今月だけでは終わらないだろうから、当面は病院と作業で忙しいのかもしれない。そろそろ友人にSHOさんはやっぱ3DCGやったら良いんじゃないと言われているので、そちら方面もまた練習再開したいところだ。そして絵もやりたい。うーん。色々制約が多いけど、やりたいことやらないとならないこと多いなぁ。ゲームもやりたいしなぁ。最近一緒に遊ぶ人達もいるから、彼らとも楽しんで行きたい。

でも親の姿を見ていると、仕事を頑張れば友人も趣味も減る感じがある。何かを頑張れば何かに使える時間は無くなる。そこが難しいところだよね。今の悩みは体調不良で、そっちに多くの気持ちが持って行かれている。そこに仕事もあるので結構一杯一杯。もっと強い人間になりたいなぁ。それこそ超人というやつにでもなってみたい。ニーチェの言う超人とは違うけどね。どちらかというと、雨にも負けずの方のイメージ。

まあ、まずは検査と仕事だなぁ。

2017年2月10日金曜日

血液検査

長らく続く謎の体調不良の原因を調べるために、昨日親の紹介状を持って総合病院へと行く。これで同時にかかる総合病院は3つだ。ここの病院はいつも通う2つよりも遠く、場所も駅から徒歩1~1.2kmほどで不便。丁度駅と駅の中間くらいにある感じだった。

病院につくと外来の終わった後なのか、患者らしき人達はまばらだった。初診のために色々書類を書かされる。体温を計ると何故か37.1度と微熱があって、風邪ですかと受付に言われた。いや、体調不良の問題で来ましたと返す。

呼ばれて診察室に入ると、そこには40代後半から50代前半と思われる医師がいた。でも少し頭髪が薄いので年齢がわかりづらい。父が言うには信頼できる感じのようだったが、見たらそれが何故かわかった。仕草というか何かが父と似ている。まあ、医者にはこういうタイプの人は割りといるのかもしれない。ただ吹き出しそうになったのでそれを堪えるのに少し大変だった。

伝えたこと
- 両耳と顎の下から首の後ろにかけて感染症を繰り返す
- 全身に発疹が出る
- 抗生剤を飲んで治っても2週間から1ヶ月もすると再発する
- 炎症や発疹の後が色素沈着をする
- 昨年後半に2回蜂窩織炎になった

忘れていたこと
- 内出血がしやすくなった
- 全身に出る炎症にvery strongのステロイドもあまり効果がない
- 昨年来、軽い高脂血症気味
- 喉の痛みと咳
- 後頭部にやや圧迫感。特に就寝時に不快を感じる
- 首周りの痛みのあるこり

とりあえず、大雑把に絞り込むための血液検査を6種類やられた。6本に採血された。結果は次回出るらしい。大体一週間後だ。その時には甲状腺エコーも撮ることになっている。

医者が言うには結構な回数来て貰うことになるかもしれないとのことだった。場所が悪いからあまり行きたくないが、まぁ仕方ない。この不調は酷いから放置しておくこともできない。一番怖いのは原因がわからなかった時かな。色々な身体症状は出ているので、例えば採血時にも少し押さえると大きく内出血した。内出血はここ暫くでも結構繰り返す。常時抗生剤を飲み続けていないと、あっという間にまた全身の炎症と発疹、そして感染症を繰り返す。ここ半年くらいは本当辛いことが多い。

次回は外来の時間帯らしく、受付のお姉さんに混むのでと言われた。帰りにJRで隣の白人男性にExcuse meと言われた。観光の人かな? いや、ここ終点なので私も降りるんでと心の中で思った。英語力が無いのもあるけれど、咄嗟のことだと英語は全く出ない。今や観光都市になり、街を歩けば英語、中国語、韓国語、そして日本語が飛び交う。他にもロシア語もあったりする。子供の時にこの街がこうなるなんて思いもしなかったな。時代は進んで行くのだ。無事検査が終わることを願おう。

2017年1月18日水曜日

体調の不調

一週間くらい前から体調が酷く悪い。昨年来半年以上続く何か感染症にかかる不調の再発。これ一度全身検査しないとならないかも。何せ一度起きると暫くは何もできないくらい酷くなる。今回は両耳と首と顎のラインで感染したようなのだけど、同時に全身に発疹が出て痒くてやばかった。抗生剤が効いて腫れが減り、治ってきたところがガサガサになってきている。

昨年の5月末以来、何か不調なんだよね。薬で治しても1ヶ月程度で再発を繰り返す感じというか。それなので今回治っても油断がならない。検査して根本原因を探さないと活動すら覚束ない。面倒だけど検査するか。総合病院の皮膚科の医者とかはあたりが悪いのか、どうにも言ってもその時の症状をどうにかするのでやっと。再発を繰り返すというのが、よくわからないようだ。

年末に悪化した精神の不調は、ここのところやや安定している。ただこれも繰り返すので、大きな負荷がかかるとどうなるかわからない。自分でも厄介な心身をもったなと思っている。生まれついてのものは大きく影響するね。ただこれも宿命というやつだから、これを受け入れた上で歩んで行くしか無い。